赤ちゃん抱っこでゆらゆら骨盤体操

出産時の年齢:34代

妊娠前に比べ、体質自体が変わった気もしますが、特に腰周りにお肉が付くようになりました。特に産後すぐの時は、赤ちゃんが入っていた時にはパンパンに張っていたお腹のお肉がたるんでしまい、見た目もあまり良いものではなかったです。直ぐにでもダイエットをしたかったのですが、初めての赤ちゃんのお世話にも忙しかったので、体重を戻せたのは産後半年ぐらい、体型を戻すのは1年ほどかかりました。

私が出産後に体調を崩してしまっていたので、初めのうちは骨盤を矯正するベルトやお腹の弛んだお肉をマッサージするなど、体に負担の掛からないケアだけを行なっていました。特に骨盤はしっかりと戻さないと下半身太りの原因になると聞いていたので、体調が良くなってからは、骨盤矯正体操などを、赤ちゃんのお昼寝中にやってみたり、赤ちゃんを抱っこしてゆらゆら揺らしながら楽しんでやりました。産後は何かと大変なので無理な食事の制限はせず、ちょっと高額ですが、妊婦さん用のサプリメントやお茶などを利用してダイエットした方が良いと思います。

母乳とミルクの混合育児をしていましたが、母乳を出しているせいなのか、やたらとお腹が空きました。夜泣きのための寝不足でストレスが貯まると、ついついスナック菓子に手が伸びると言う場面もしばしば。でも母乳に悪影響ですし、脂分は乳腺炎の原因にもなってしまうので、自分の生活に余裕が出始めた頃には、おからクッキーの様な、体に優しいおやつを手作りして食べました。

まずは骨盤の矯正をしっかりと行った方が良いと思います。産後直ぐには、赤ちゃんと一緒に乗ったブランコにすっぽりお尻が挟まってしまって、抜け出すのが大変でしたが、しっかり骨盤ベルトや骨盤矯正体操を行なったので、赤ちゃんがハイハイし始めた頃には、一緒に楽しくブランコに乗れるようになりました。食事制限はストレスが溜まってしまうので、無理はしない方が楽しくダイエットできると思います。食べ応えのある野菜スティックなんかも良かったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. トップページ
  2. 先輩ママの産後太り解消術
  3. 赤ちゃん抱っこでゆらゆら骨盤体操