きびきび動く筋力衰退防止ダイエット

出産時の年齢:40代

一人目の出産時には、退院した日には妊娠前に戻っていました。だから、授乳中はどちらかというとげっそりした感じになってしまったのです。二人目には、出産直前の体重が通常プラス10kg。明らかに太りすぎと担当医から叱られました。出産後には−3kg。きっちりと赤ちゃん分しか減らなかったのです。通常体重に戻ったのは1年後でした。

二人目は精神的には楽でしたが、身体的にはとてもしんどい思いをしました。腰は痛いし、腕も腱鞘炎気味。辛すぎて、少しずつ食欲が後退したことが痩せた要因です。あまりにもしんどいので外出もせず、家に居たので筋肉が衰える一方。筋肉が贅肉に変わったので、結果的に体重が落ちたのではないかと思います。だから体重は元に戻った後でも、スタイルはイマイチでした。

食べることに興味を失ってしまいました。美味しいものを食べることに意欲的になれず、食卓は粗食になる一方。毎日3食は食べていますが、一汁三菜を絵に描いたような食卓です。お陰で家族の面々は健康体そのものになりました。私の体型は変わらず覇気のない、メリハリもないという体型のままです。医者からはもっとたんぱく質を摂るように言われています。

やはり食べた量に対して体重が保たれるというのは産後だとしても同じです。でも食べないだけでは残念なスタイルになってしまい、せっかくお腹が凹んだとしてもオシャレして出掛ける気分にはなれません。大変だとしても、子育ての合間にスタイルアップのストレッチ程度の運動を継続して行うといいと思います。ウエストのくびれ、下がっていないお尻、引き締まった二の腕や太ももと、要所が弛んでいないだけで「太っているという印象」からは遠ざかるものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. トップページ
  2. 先輩ママの産後太り解消術
  3. きびきび動く筋力衰退防止ダイエット