育児や家事の動作を大きくしてストレッチを兼ねたダイエット

出産時の年齢:20歳

妊娠前にはどちらかといえば太っていた私ですが、その代わり妊娠中には体重が五キロほどしか増えませんでした。今から思えば私の食べた栄養がすべてお腹の子にいっていたから私自身の体重はそこまで増えなかったのだと思います。そして出産して十キロ近く体重が減ったので、結果から言うと妊娠前より出産後のほうが体重が五キロ減ったことになります。そしてなぜか産後は太りにくい体になったので、産後太りなどに悩むことはありませんでした。

私は出産後に体重が増えてしまうことはなかったため、ダイエットは行っていませんが、たるんだお腹を引き締める努力は行いました。そのためウエスト引き締め用のベルトを購入し、育児や家事を行いながら産後二ヶ月間はそのベルトを着用して過ごしました。その努力が実ったのかどうかはわかりませんが、その後はお腹のたるみも気にならなくなりました。

不思議なことに私は妊娠前と出産後とでは、食べ物の好みが変わりました。例えば妊娠前はカニやイカなどの魚介類が大好物だったのに、出産後はこうした魚介類を体が受け付けなくなってしまいました。ですので生のお刺身なども今ではほとんど口にすることはありません。また食事量は大きな変化はありませんが、育児や家事の合間に間食をすることが増えたように思います。

産後太りを避けるには、妊娠中に正しい食生活を心がけ、体重を増えすぎないようにすることしかないと思います。また出産後、母乳で育てるならその間はダイエットのことなどはあまり気にしないほうが良いと思います。とくに母親の栄養が母乳から子供に行くので、食事制限などはもっての外です。それに授乳時期というのは私の経験から言うと、多少食べ過ぎても太りにくい時期でもあると思うので、もしダイエットを行うなら授乳時期を過ぎてからが良いのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. トップページ
  2. 先輩ママの産後太り解消術
  3. 育児や家事の動作を大きくしてストレッチを兼ねたダイエット