母乳で赤ちゃんを育てる事

出産時の年齢:30歳

妊娠中から体重を気にしていた事と産後すぐに骨盤ケアをした事、母乳だった事などのおかげで、退院時には産前の体重に戻りました。さらに母乳の効果だど思いますが、体重はどんどん減っていきました。食べても食べても太らないので、欲するままに食べていますが、卒乳後が怖いので、もう少ししたらセーブしようと思っています。

産後は骨盤を締める事が大切と聞いていたので、骨盤ケアだけはしっかりしました。出産後して病室に戻ってから一番最初にしたのは「トコちゃんベルト」を着けた事です。その後も毎日かかさずに着け続けました。座り方なども気を付けてはいましたが、それ以外に特別な事はしてません。それだけで産前に履いていたデニムは問題なく履けました。

妊娠前は甘い物が大好きで、特にチョコレートには目がありませんでした。しかし妊娠し、つわりが始まると甘い物を一切受け付けなくなりました。1番大好きだったチョコレートだけはつわりが終わった後もダメでした。不思議な事に産後はまたチョコレートが大好きになりました。ホルモンの変化なのか妊娠中の反動なのか甘い物は欠かせなくなってしまいました。母乳だったのですぐにお腹が空いてしまい、その度におやつをつまんでいました。最初の頃は乳腺炎を気にしていましたが、何を食べても大丈夫な体質だったので、欲するままに甘い物を食べていました。

私は骨盤ケアと母乳がとても効果的だと思います。骨盤ケアには「トコちゃんベルト」がオススメです。産前から使え、必要以上に骨盤が開かないで済むようで、早産予防にもなります。産後もしっかり使う事で体型も戻りやすいと思います。それと母乳は大きいです。母乳をあげた後はすぐにお腹が空いてしまうので、それだけ栄養を取られるんだと思います。お腹が空いて、食べても食べても太りません。母乳がきちんと出るように、産前からおっぱいマッサージはしておくべきです。産後からダイエットを始めるのではなく、産前から準備をしておくと後々が楽だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. トップページ
  2. 先輩ママの産後太り解消術
  3. 母乳で赤ちゃんを育てる事